ロールスクリーンにはどんなタイプがあるの?

定番のフラットなロールスクリーンも目的によって選べます

カーテンよりもスッキリしていて、ブラインドより扱いやすい。
そんな理由でロールスクリーンを選ぶ方が多くなってきています。
一口にロールスクリーンといっても、実は様々なタイプがあります。目的や、狙いによって賢く選びたいですね。
まず、よく見かけるフラットなロールスクリーン。一見何の変哲も無いように見えるシンプルなデザインですが、遮光タイプやウォッシャブルなものなどのタイプがあり、設置する場所や環境に応じて使い分けができます。
たとえば、部屋の仕切りや目隠しに使うならリーズナブルなプレーンタイプ、西日の当たる窓には遮光タイプ、キッチンの近くの窓には頻繁に洗えるウォッシャブルタイプ、リビングには遮熱タイプを使って省エネと結露対策…というように環境と目的で選ぶことによって、見た目だけでなく機能面でもさらに効果的な使い方が期待できます。

さらに個性的なデザインでお部屋を賢く演出

さらに、最近では住む方のライフスタイルに寄り添うような個性的なデザイン性のあるロールスクリーンも多数揃っています。
中でも注目したいのはロールスクリーンなのに調光できるタイプのもの。
一般的なロールスクリーンのイメージは単色でフラット。調光は引っ張り出す長さによって調節していましたが、こちらのタイプなら一枚の生地でブラインドの用に調光ができることが魅力です。ブラインドは汚れがたまりやすく、掃除の時に折れたりして手入れもしにくいところが難点。その点ロールスクリーンならフラットで巻き取り収納ですから汚れもたまりにくいのが大きなメリットです。
また、カーテンや布製のロールスクリーンではなんとなく雰囲気に違和感を感じる和室には竹すだれ風のロールスクリーンがオススメです。
すっきりとした印象のロールスクリーンを上手に取り入れて住まいの空間をより心地く演出したいですね。

© Copyright Long-lasting Roll Screen. All Rights Reserved.