ロールスクリーンのメリット・デメリット

ロールスクリーンのメリット

カーテンではなくロールスクリーンにしたいという方少なくないと思います。そのメリットについてお話しします。まずロールスクリーンはヒモを引くだけで開閉ができます。それだったらブラインドと変わらないのでは?と思った方!ブラインドだと引っかかったり音が出たりと色々と面倒なことが起こります。でもロールスクリーンは静かですし、開閉の際に引っかかることもありません。そして、1番の魅力はロールスクリーンに映像を映せることです!まるで映画館にいるような感覚になります!家族で映画観賞などいかがでしょうか。また最近では絵柄のついたロールスクリーンも販売されておりシンプルかつオシャレにお部屋をコーディネートできます。

ロールスクリーンのデメリット

次にデメリットです。カーテンだと汚れたりした時に洗えるものが多いと思います。でもロールスクリーンは洗うことができません。また通気性もあまりよくありません。夏場、窓を開けて少し風を感じたい。でも光が眩しい。そんなときロールスクリーンだと光を遮ることしかできません。その光も全て遮ることができません。真っ暗になることはないのです。真っ暗が苦手で多少明るい方が好きという方にはおすすめです。その点ブラインドやカーテンは風通しが良いですよね。明るさも調整できます。またカーテンだと遮音などもできるものが販売されていますがロールスクリーンは遮音効果もあまりないです。音は遮れない、光も全ては遮ることができない、洗えない。この3つが主なデメリットと言えるでしょう。

ウッド調のブラインドは品が良く、オシャレでおすすめです。掃除もし易く、安価なため手の届きやすいのも魅力と言えます。

© Copyright Long-lasting Roll Screen. All Rights Reserved.